広島 松山逆転3ラン!マエケン7回10K3失点で5勝目

[ 2013年5月26日 16:38 ]

4回広島2死一、二塁、松山が右越えに逆転3ランを放つ

交流戦 広島6―4楽天

(5月26日 マツダ)
 広島が一発攻勢で逃げ切った。先発の前田健は4回以降毎回安打を許すも要所を締める粘りの投球。毎回の10三振を奪い、7回8安打3失点で今季5勝目を挙げた。

 打線は3回まで楽天の先発・永井に無安打に抑えられていたが、4回に四球で2死一、二塁の好機を作ると、松山が永井のスライダーをコンパクトに振り、右翼席への3点本塁打で3―1と逆転に成功。6回には1死二塁から丸が2番手の金刃から左中間へ2点本塁打を放ちリードを広げた。

 楽天は先発の永井が5回1/3を1安打3失点も、一発に泣いた。打線が粘るも2番手以降の投手も得点を奪われ、追いつくことができなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月26日のニュース