八木 制球に苦しみ4敗目「いい調子でない時でも、抑えないと」

[ 2013年5月26日 22:15 ]

交流戦 ヤクルト0―4ソフトバンク

(5月26日 神宮)
 ヤクルトの八木は変化球の制球に苦しみ、6回途中までに3点を失った。打線の援護もなく、4敗目となり「いい調子でない時でも、抑えないと」とうなだれた。

 特に反省点となったのは、0―2の4回に今宮に浴びたソロだ。「2死から8番打者に打たれては野手の士気も下がる」と左腕。防御率こそ2・53とまずまずだが、3月31日を最後に白星から遠ざかっており「(これから)投げる試合は全部勝つつもりでいる」と巻き返しを期した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月26日のニュース