履正社、鳥羽が4強入り 春季高校近畿大会

[ 2013年5月26日 16:47 ]

 野球の春季高校近畿大会第2日は26日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで1回戦の残り2試合を行い、今春の選抜大会に出場した履正社(大阪)が奈良大付に3―2でサヨナラ勝ちし、橿原学院(奈良)を7―0の7回コールドゲームで下した鳥羽(京都)とともに準決勝に進出した。

 履正社は拙攻が目立ったが、2―2の9回1死二、三塁から沖田がサヨナラ打を放った。鳥羽は着実に得点を重ね、先発の遠藤は粘り強い投球で得点を許さなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月26日のニュース