山崎、プロ入り初のお立ち台「後はボールに聞いてくれって感じ」

[ 2013年5月18日 18:13 ]

<D・日>8回1死満塁、山崎は適時二塁打を打ちガッツポーズ

交流戦 DeNA8―4日本ハム

(5月18日 横浜)
 プロ入り5年目にして初めてお立ち台に上がったDeNA・山崎は、声援を送る大観衆を見回し「何を言っていいのか分からない」と喜びを噛み締めた。

 1点を追う8回1死満塁、山崎は直球を右中間へ弾き返す二塁打で、3人を一気に生還させた。「絶対に勝ちたい気持ちでバットを振った。後はボールに聞いてくれって感じでした」。

 ようやく回ってきた今季初先発のチャンスを生かそうと無我夢中の一振りが連敗中のチームを救った。期待を込めて送り出した中畑監督も「(打った瞬間)涙が出て来た。うれしかった」と興奮気味に活躍をたたえた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月18日のニュース