小杉が初回に負傷降板「腕に力が入らなくなってしまった」

[ 2013年5月18日 00:07 ]

<D・日>負傷でず降板するDeNA先発の小杉

交流戦 DeNA5―6日本ハム

(5月17日 横浜)
 DeNAの小杉が初回に右肩を痛めて途中降板した。立ち上がりから不安定な投球が続き、0―3の2死一塁で大引に初球を投げたところで異変を訴えた。

 友利投手コーチは「全治は不明。関節唇損傷かなと思う」と深刻な表情。右腕は「腕に力が入らなくなってしまった。チームに迷惑をかけてしまった」とうなだれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月18日のニュース