内川 2発も空砲、2日で7安打にも「勝ちに結びつけなきゃ」

[ 2013年5月18日 20:25 ]

3回ソフトバンク2死、内川が左越えに本塁打を放つ

交流戦 ソフトバンク5―9阪神

(5月18日 甲子園)
 ソフトバンクの内川が、2011年9月7日以来となる1試合2本塁打をマークした。

 6点を追う3回、李杜軒が2ランを打った直後に「勢いを止めたくなかった」と2者連続となる左越え4号ソロ。8回にはバックスクリーンに5号ソロを放った。「勝ちに結びつけなきゃいけない」と満足はしていないが、1回の安打を合わせて3安打の活躍。前日も4安打しており、一時の不振からは脱却したようだ。

 ▼李杜軒(3回に1号2ラン)「たまたま。後ろの内川さんにつなごうと思っていた」

 ▼秋山監督(摂津に)「満塁本塁打が効いたな。きょうに関しては(球が)操れてなかった」

 ▼ソフトバンク・高山投手コーチ(摂津に)「打たれるのが目立つのは、それだけ(普段は)抑えているということ」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月18日のニュース