正田 日本ハム時代以来2952日ぶり白星

[ 2013年5月18日 06:00 ]

<ヤ・ロ>9回に登板した正田は、勝利投手になる

プロ野球 交流戦 ヤクルト6-5ロッテ

(5月17日 神宮)
 ヤクルトの正田が日本ハム時代の05年4月17日楽天戦(東京ドーム)以来、2952日ぶりの白星を挙げた。

 9回に4番手で登板し、1番から始まった打順を12球で3者凡退に仕留め、畠山の劇弾を呼び込んだ。「いつもマウンドに上がった時はゼロに抑えることを考えている。こういう投球をすれば、いつかこういう日が来ると思っていた」と淡々。「畠山の印象が強すぎましたね」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月18日のニュース