藤浪、21日四国IL戦で実戦復帰 中3日でハム戦先発へ

[ 2013年5月18日 09:20 ]

 背中から腰にかけての張りを訴えて11日に出場選手登録を抹消された阪神の藤浪晋太郎投手(19)が、21日の育成試合・四国アイランドリーグ選抜戦(鳴尾浜)で実戦復帰することが17日、分かった。

 登録抹消後も1軍に帯同して調整を続けてきた右腕は、19日からの関東遠征には帯同せず鳴尾浜で調整することが決定。シート打撃など実戦形式の練習を行うかについて中西1軍投手コーチは「シートはない。育成(試合)」と話した。21日から中3日で25日の日本ハム戦(甲子園)に向かうことになる。

 前日16日には故障後初めてブルペン投球を行い変化球も交えて約20球を投じた。一夜明けたこの日、キャッチボールなどで汗を流した右腕は「(ブルペンは)悪くなかったですし、(肩、肘の)張りもなかった」と問題なしを強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月18日のニュース