広島 大勝一転…1点がやっと、野村監督は相手エースに脱帽

[ 2013年5月18日 19:57 ]

9回広島1死一、二塁、見逃し三振に倒れた広瀬

交流戦 広島1―2オリックス

(5月18日 マツダ)
 広島は12得点した17日の大勝から一転、零敗を免れるのがやっとだった。交流戦初黒星となった野村監督は「あれだけいい投球をされたら打つのは難しい。翻弄された」と相手エースの金子に脱帽した。

 7回無死一塁では送りバントを試みるも、4回に続く併殺で好機を広げられず、指揮官は「チャンスもあったけど、ミスでつぶしてしまった」と嘆いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月18日のニュース