西武7・26~28東京セネタース復刻ユニ

[ 2013年5月18日 06:00 ]

戦前、上井草の本拠地をおいていた東京セネタースのユニホームを着て笑顔を見せる栗山(左)と秋山

 西武は17日、西武ドームで7月26~28日に行われるオリックスとの3連戦を「ライオンズ・クラシック2013」と銘打ち、戦前にあった東京セネタースのユニホームでプレーすると発表した。

 セネタースは1936年にプロ野球が発足した時に加入した創設7球団のうちの一つだった。旧西武鉄道が有馬頼寧伯爵と共同出資し、西武新宿線沿線の東京都杉並区上井草に本拠地があった。栗山主将は「歴史にふれて、先輩方に敬意を払う良い期間。このユニホームに恥じないプレーをしたい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月18日のニュース