則本 終盤打たれ7失点「ずるずる取られた。一からやり直し」

[ 2013年5月18日 19:02 ]

7回中日無死一塁、和田(奥)に逆転2ランを浴びた楽天・則本

交流戦 楽天2―7中日

(5月18日 ナゴヤD)
 楽天の則本は7失点だった。「流れが相手にいきかけているところで、ずるずると点を取られた。また一からやり直して勝てるようにしたい」と終盤の投球を反省した。

 味方打線は7回の好機に追加点を奪えなかった。これで相手に流れが傾き、その直後に、則本は和田に逆転2ランを浴びた。

 打線ももうひと踏ん張りが必要だった。チャンスはつくるが2点のみ。星野監督は「取れる時に取らないとこういう展開になる」と渋い表情だった。

 ▼楽天・佐藤投手コーチ(則本について)「もうひと踏ん張りだな。もう少し点が入ったらな」

 ▼楽天・田代打撃コーチ(11安打で2点の打線に)「前半でつぶせたな。そこで試合展開も変わった」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月18日のニュース