日本ハム 連勝ならず、石井乱れ5失点「自分が悪い」

[ 2013年5月18日 20:31 ]

8回、DeNAに逆転され厳しい表情の日本ハム・石井(右)

交流戦 日本ハム4―8DeNA

(5月18日 横浜)
 前日に連敗を9で止めた日本ハムは逆転負けで連勝はならなかった。栗山監督は「3、4点くらいは覚悟していた。展開的にはイメージ通りだけど、勝ち切れないのは申し訳ない」と険しい顔つきだった。

 一時は3点をリードしながら追い付かれ、4―3と勝ち越した直後の8回は3番手の石井が5失点と乱れた。試合前まで防御率1・17と安定していた左腕は「自分が悪い」と責任を背負い込んだ。

 ▼宮西(通算100ホールド)「勝利で迎えたかった。どんどんチームに貢献していきたい」

 ▼谷元(7回途中3失点。6回にブランコに許した同点3ランに)「あの1球に尽きる。ホームランだけは避けなきゃいけないところでやられてしまった」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月18日のニュース