明大、痛い敗戦…善波監督「負けたことはしょうがない」

[ 2013年5月18日 17:55 ]

東京六大学野球第6週1回戦 明大3―5慶大

(5月18日 神宮)
 明大が大事な一戦を落とした。善波監督は「山崎は四球の後の長打という悪い形。走者を背負うセットポジションになると球威が落ちていたようだ」と振り返った。

 これで法大に“王手”をかけられた。「きょう負けたことはしょうがない。あした頑張ります」と言って、自ら会見を切り上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月18日のニュース