内海 5回持たずもチーム勝利に一礼「感謝してます」

[ 2012年7月11日 06:00 ]

<巨・広>5回途中4失点KOの巨人・内海

セ・リーグ 巨人7-4広島

(7月10日 京セラD)
 巨人先発の内海は4回2/3を9安打4失点と、5回を持たずKOされた。

 味方が勝ち越した直後の5回、同点とされなお2死一、二塁のピンチを招き降板。直球が最速136キロ止まりと勢いがなく、スライダーやチェンジアップも高かった。「体の上下のバランスが合っていなかった。僕のふがいない投球で…。チームが勝ったことに感謝しています」とチームメートに頭を下げた。

 ▼巨人・エドガー(6回1死三塁で決勝の中前打。打点を挙げた試合は9戦9勝)チーム状態が凄くいい。負けていても逆転する自信がある。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月11日のニュース