ワシントン監督 ダル登板確約せず「試合がどう動くか」

[ 2012年7月11日 06:00 ]

オールスター戦を翌日に控え、記者会見するア・リーグ先発のバーランダー(タイガース)。右はワシントン監督(レンジャーズ)

米大リーグ・オールスター戦

(7月10日 カンザスシティー カウフマン・スタジアム)
 ア・リーグの指揮を執るレンジャーズのロン・ワシントン監督が、ダルビッシュに「3球で3アウト」指令を出した。

 球宴では救援投手として出番を待つダルビッシュだが、後半戦最初の登板として14日(日本時間15日)のマリナーズ戦が決定しているだけに、球宴で登板すれば中3日。疲労を考慮して、指揮官は「理想は3球でチェンジ、だな。点を与えずに早めに切り上げることが大事」と話した。また、球宴での投球スタイルについても「新人だからといって決めごとは何もない。直球は別に投げなくてもいいし、極端な話、全部スプリットでも問題ない」とした。

 ただ、起用に関しては最後まで明言を避けた。「今ははっきりしたことは言えない。試合がどう動くか見ていく必要がある」と説明。計13投手がいることで登板の確約はしなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月11日のニュース