成瀬 7回2失点も9勝目ならず「四球がもったいない」

[ 2012年7月11日 06:00 ]

<日・ロ>4回2死一、三塁から陽に同点タイムリーを浴びガックリの日本ハム・成瀬

パ・リーグ ロッテ1-5日本ハム

(7月10日 札幌D)
 ロッテ・成瀬が7回2失点と力投したが、リーグ単独トップ9勝目はならなかった。

 1点リードの4回に2失点。2死一、三塁から陽岱鋼の左越え二塁打で同点に。なお2死二、三塁からホフパワーにストレートの四球を与え、続く鶴岡に決勝左前打を浴びた。エースは「四球がもったいない。一発がある打者だから慎重になりすぎた」と唇をかんだ。終盤にはけん制死、悪送球とチームとしてもミスが出て、西村監督は「そういうことがないようにしないと」と語気を強めた。

 ▼ロッテ・角中(4打数無安打で打率トップから陥落)全く気にしていません。武田勝さんはチェンジアップが良かった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月11日のニュース