森本 本塁打でも全力疾走に一塁走者ノリあせった!

[ 2012年7月11日 06:00 ]

<ヤ・D>8回2死一、二塁、左越え3ランを放ったDeNA・森本(左)に脱帽のDeNA・中畑監督

セ・リーグ DeNA6-1ヤクルト

(7月10日 神宮)
 最下位でも元気に走る。DeNAは一丸の全力疾走で連敗を4で止めた。

 初回2死一塁、ラミレスの左中間二塁打で一塁走者・中村が一気に生還。38歳の中村は3回1死一塁でも、ラミレスの左飛で判断良くタッチアップし二塁を陥れる好走塁を見せ「足が遅くてもセーフになることを示した」。8回には森本がダメ押し2号3ランを放ち、全力でダイヤモンドを一周。抜かれまいと一塁走者・中村も再び全力で本塁を駆け抜けた。森本は「超スローモーションで走ろうかとも思った」と冗談を交えつつ「ノリさん(中村)も膝が悪いのにタッチアップしたり、存在感が光っていた試合」と振り返った。

 ▼DeNA・藤井(古巣相手に5回1/3を1失点で4勝目)ヤクルトは育ててくれた球団だし、神宮では恥ずかしい投球はできない。紙一重ですが、いい方向に結果が出て良かった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月11日のニュース