「稲葉賞」は2安打3打点の陽岱鋼 打線が武田勝援護

[ 2012年7月11日 06:00 ]

<日・ロ>4回2死一、三塁から同点の左線二塁打を放つ日本ハム・陽岱鋼

パ・リーグ 日本ハム5-1ロッテ

(7月10日 札幌D)
 日本ハム打線が武田勝を援護した。先制された直後の4回2死一塁から四球を挟んで3連打で逆転。決勝の左前適時打を放った鶴岡は「勝さんが力投していたので、何とかそれに応えたかった」。

 5カード連続負け越し中のチームを鼓舞させるため、ポケットマネーで「稲葉賞」を用意した稲葉は「この勝ちで乗っていきたい。賞?(2安打3打点の)ダイカン(陽岱鋼)がいっぱい持っていきましたよ」と苦笑していた。

 ▼日本ハム・中田(6回に井口の左翼大飛球をフェンスにぶつかりながら好捕)あのプレーは初めて。清水コーチと練習してきた成果が出せた。コーチの喜んでくれた顔を見られたのでうれしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年7月11日のニュース