都五日市・都瑞穂農芸 負けたけど「最後はまとまった」

[ 2012年7月11日 06:00 ]

西東京大会1回戦 都五日市・都瑞穂農芸0―7都上水

(7月10日 八王子市民)
 都五日市・都瑞穂農芸の連合チームの夏1勝はならなかった。6回まで都上水相手に3点差で食らいついたが、7回に4点を失い無念のコールド負け。

 都瑞穂農芸の井上雅章監督は「お互い野球については遠慮をしないようにと言ってきた。最後は本当にまとまってくれた。本当に悔しい」と涙をこらえた。土、日曜はどちらかの高校で合同練習をこなし、仲間意識を強めてきた。都五日市の吉村主将は「楽しかった。みんなに感謝したい」とすがすがしい表情を見せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月11日のニュース