阪神なめられた…高木監督「3連勝なくなったのは残念」

[ 2012年7月11日 06:00 ]

<神・中>中日・高木監督は拙攻続きにお疲れ気味!?

セ・リーグ 中日0-1阪神

(7月10日 甲子園)
 中日は主砲ブランコの不在を感じさせず11安打を放ったが、無得点に封じられた。2回と6回を除いて得点圏に走者を進めながら16残塁。高木監督は「11本打たなくても、2本で1点取ってくれたらいい」と効率を欠く打線を嘆いた。

 8回は1死一、三塁で代打藤井、大島が連続三振。9回も1死満塁と藤川を追い込みながら、あと1本が出なかった。好機で凡退した大島は「次は打ちます」と下を向いた。連勝が3で止まり、首位巨人とのゲーム差は3。指揮官は「(このカードで)3連勝がなくなったのは残念」と悔しがった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月11日のニュース