おかわり君 完封阻む一発!約1カ月ぶりの14号

[ 2012年7月11日 21:57 ]

パ・リーグ 西武1-4ソフトバンク

(7月11日 西武D)
 左肩の故障から戦列復帰して2試合目の西武・中村が、9回2死から約1カ月ぶりの14号本塁打を放って摂津の完封を阻んだ。

 低めのシンカーを拾うようなスイングで捉え、低い弾道で左翼フェンスを越えた一発。沈黙していた本拠地のファンを沸かせ、渡辺監督も「(復帰後)早いうちに1本出て良かった」と主砲の復調を喜んだ。

 復帰してすぐ4番に座る昨季の本塁打王は「完封されるのは嫌だったので」と話したが、笑顔はなし。1死一、三塁で内野フライに倒れた初回の打席に自ら触れ「犠牲フライでも打てていれば、違う試合展開になっていた」と反省した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月11日のニュース