ロマン2ストライクから投手に四球…弱気投球に評価急落

[ 2012年7月11日 06:00 ]

<ヤ・D>ヤクルト・ロマンは6回途中3失点で7敗目

セ・リーグ ヤクルト1-6DeNA

(7月10日 神宮)
 四球は、与える相手によってショックの度合いが違う。1点を追う6回1死。ヤクルト・ロマンは投手の藤井に2ストライクから四球を与えた。

 3球目から3連続ボール。ファウルを挟んで7球目は低めに外れた。「力んでしまった。悔いが残る。(カウント)2ストライクから四球を出すのは今季初めてだと思う」。それも投手相手。強すぎた警戒心が要因の1つだった。

 結局、藤井は3点目のホームを踏み、2点差に広がった。実はロマンは4回の2打席目で、藤井に直球を左前に運ばれていた。相手は今季5打数3安打。打撃が得意とはいえ、助っ人右腕には相手を上から見下ろす姿勢と自信がなかった。確かに投手も、9番目の打者ではある。しかし「コーチから良い打者とは聞いていた」と、慎重になりすぎて傷口を広げた。

 この投球は、首脳陣の信頼感にも影響を与える。この日は7四球で7敗目。小川監督は「1年間どういうスタイルで投げるのか分からないが、春先とは違ってきている」。あと1球、から余裕を持てずに与えた四球。ロマンが岐路に立たされた。

 ▼ヤクルト・伊勢総合コーチ(藤井に5回1/3を3安打1失点に抑え込まれ)術中にはまってしまった。緩い球をうまく使っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月11日のニュース