唐川 粘りの投球、同学年の新人両投手に感謝

[ 2012年3月31日 20:10 ]

パ・リーグ ロッテ5―3楽天

(3月31日 Kスタ宮城)
 ロッテの唐川は粘りの投球で6回3失点にまとめた。球が高めに浮いて1回に4安打を集められ、その後も球が高めに浮いて毎回安打を許した。走者を背負う場面が続き「緊張もあったが、気合が空回りした。球がいっていなかった」と首をひねった。

 交代後の終盤は救援陣が好投して勝利投手に。力投した益田、中後の同学年の両投手に対し「何とか踏ん張ってくれた」と感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月31日のニュース