渡辺監督“苦手”斎藤に脱帽「本来の投球をされた」

[ 2012年3月31日 06:00 ]

<日・西>厳しい表情で投手交代を告げる西武・渡辺監督

パ・リーグ 西武1-9日本ハム

(3月30日 札幌D)
 西武はまたも斎藤を攻略できなかった。低めのボール球を振らせる術中にはまり、わずか4安打1得点。初回2死一、二塁の好機を逃すと、2年目右腕にプロ初の完投勝利を許した。

 渡辺監督は「斎藤君はどんどん勝負してくる。自分のカウントにしてからボール球を振らせる本来の投球をされた」と悔やんだ。昨季も3試合で0勝2敗と苦手にしたが、今季も初対戦で完敗。4打数無安打の主将・栗山は「ストライク先行で打者が早く追い込まれた。彼の100%の投球」と脱帽した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月31日のニュース