愛工大名電 監督の打撃投手でリラックス

[ 2012年3月31日 12:59 ]

第84回選抜高校野球大会

 愛工大名電は打撃練習で倉野監督が投手を務めた。同監督は「あんまり選手が緊張しすぎてもいかん。相手の投手を想定して投げた」と説明。リラックスした雰囲気を演出する意図もあったようだ。

 佐藤主将は「記憶の中では珍しい。監督が投げてくれたので、みんな頑張ろうとなった」と意気に感じていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年3月31日のニュース