藤浪153キロ出た!センバツ最速タイ&3者三振斬り

[ 2012年3月31日 06:00 ]

<浦和学院・大阪桐蔭>7回2死満塁、緑川から三振を奪い雄叫びを上げる大阪桐蔭・藤浪

センバツ準々決勝 大阪桐蔭3―2浦和学院

(3月30日 甲子園)
 球史に刻まれる153キロ――。準々決勝2試合が行われ、大阪桐蔭(大阪)のエース・藤浪晋太郎投手(3年)が浦和学院(埼玉)戦でセンバツ史上最速タイの153キロをマーク。救援登板で4回を1失点に抑え、チームを初の4強に導いた。第2試合では初出場の高崎健康福祉大高崎(群馬)が15安打9得点の猛攻で鳴門(徳島)に大勝。群馬県勢では78年の桐生以来34年ぶりの4強入りを果たした。

 ほえた。同点の7回だ。冷静沈着な投球が持ち味の藤浪が、珍しく感情をむき出しにした。「自然に出た」と、マウンド上で雄叫びを上げる。圧巻の3者連続空振り三振。無死満塁の大ピンチを己の剛腕で切り抜けた。

 「テンパッてしまわないよう、自分の気持ちをしっかり持って押していった。気持ちが入っていたから球速が出たと思う」。1点を追う6回から登板。7回に同点に追いついた直後だ。無死から3連打。ここでギアをマックスに入れる。まず7番・吉川をスライダーで空振り三振。続く石橋への初球だ。1メートル97の長身から投げ下ろされた直球は、153キロをマークした。自己記録を3キロ更新し、08年の平生(宇治山田商)に並ぶセンバツ史上最速タイ。スタンドはどよめき、息をのんだ。最後は150キロ直球で斬ると、3人目の緑川はスライダーで仕留めた。

 しなやかな腕の振りから、グンと伸び上がる直球。2失策が絡んだ8回2死満塁では、150キロの高め直球を捕手の森が「速すぎた。伸びていた」と捕れずに後ろにそらす。そのボールの凄さゆえに許した痛恨の失点。それでも藤浪は「9回もある」と後続をキッチリと断った。その言葉通りに打線が逆転。西谷浩一監督は「土俵際で守れたことが、次の攻撃につながった」と振り返った。

 甲子園に新たな伝説を刻んだ153キロ、そして3連続K。逆転負けした昨夏の大阪大会決勝など、エースは大事な試合で力を発揮できず勝負弱いとも言われてきた。チーム初の春4強。「(153キロは)素直にうれしいが、それよりチームが勝った方がうれしい。これからも一試合一試合、決勝戦のつもりでやっていきたい」。勝利の立役者は試合後、いつもの涼しげな表情に戻っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月31日のニュース