和田監督 執念の3連続代打実った!関本逆転3ラン

[ 2012年3月31日 06:00 ]

<神・D>7回2死一、三塁、逆転3ランの阪神・関本(中)は金本(左)と関川コーチに迎えられる

セ・リーグ 阪神5-5DeNA

(3月30日 京セラD)
 阪神は延長10回1死三塁から柴田の中犠飛で執念のドロー。初采配の和田監督は「いろいろあったが、負けんでよかった」と振り返った。

 「あそこが勝負だった」と言う7回。3人連続の代打攻勢で最後の関本に逆転3ランが出た。直後に榎田が抑え、9回は指揮官自らマウンドに行き、守護神の藤川に直接ボールを手渡した。しかし「あれで気合が入り過ぎたかな」と言う。粘るDeNAに追い付かれ、延長10回には中継ぎ陣が勝ち越しを許した。それでも、土壇場に追い付く意地を見せ「最後まで諦めない気持ちが出ていた。すんなりはいかない。よしとしよう」とうなずいていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月31日のニュース