ホワイトセルが天敵退治 西村監督「打点2つが大きい」

[ 2012年3月31日 06:00 ]

<楽・ロ>5回2死二塁、田中(左)から右適時二塁打を放つロッテ・ホワイトセル

パ・リーグ ロッテ5-3楽天

(3月30日 Kスタ宮城)
 ロッテ・4番のホワイトセルが田中から3安打2打点と大暴れ。初回2死二塁から先制の中前適時打を放つと、3回に左前打、5回には中押しの右翼線適時二塁打と広角に打球を飛ばした。

 「ロッテで最初の打席で最高の安打が打てた。成瀬が頑張っていたから何とかしたかった」と胸を張った。昨季5敗を喫した天敵を攻略し、西村監督は「ホワイトセルの打点2つが大きかった」とうなずいた。

 ▼ロッテ・益田(新人ながら開幕戦に2番手登板)野球人生で一番緊張した。走者がいたので、成瀬さんに自責(点)をつけないようにと思って投げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月31日のニュース