慶大野球部に初の女子選手誕生 全国大会V右腕が入学

[ 2012年3月31日 06:00 ]

 東京六大学野球の慶大が、駒沢学園女高(東京)出身で4月に入学する川崎彩乃投手(19)を選手登録することが30日、分かった。

 慶大野球部によると、慶大の女子選手登録は初めて。川崎投手は1メートル55、54キロの右投げ右打ち。駒沢学園女高では硬式野球部に所属し、一昨年の全国高校女子選手権で優勝した。東京六大学では1995年に米国出身で明大のジョディ・ハーラー投手が女子選手として初めて公式戦で登板した。2001年には竹本恵(東大)小林千紘(明大)両投手が公式戦で対戦した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年3月31日のニュース