中畑監督 手応えドロー「すっげえ野球って楽しい」

[ 2012年3月31日 06:00 ]

<神・D>6回2死一塁、中村紀の同点二塁打にバンザイのDeNA・中畑監督

セ・リーグ DeNA5-5阪神

(3月30日 京セラD)
 会見場に現れるなり、DeNA・中畑監督は「ハア~」と深いため息をついた。2度の劣勢をはね返したシーソーゲーム。守護神・山口で逃げ切れず、初陣を勝利で飾ることはできなかったが、充実感がにじむ引き分けだった。

 「負けたとか勝ったとかじゃなくて、野球人としての爽快感がある。すげえ疲れたけど、すげえ気持ち良かったね」

 1点を追う6回2死無走者から反撃に転じて中村の同点二塁打、森本の2点三塁打などで阪神のエース能見を攻略して逆転。継投失敗で7回に逆転されても諦めない。9回は守護神・藤川から代打・ラミレスが同点打を放った。延長10回には死球で出た石川がすかさず二盗。そこから犠打に犠飛と無安打で得点する「せこいぜ!野球」の真骨頂も見せた。

 昨年12月9日の監督就任から112日。昼食に赤飯を食べると、宿舎の自室に戻り自身と同じ昭和28年度生まれの元プロ野球選手で構成する「プロ野球28(ニッパチ)会」から贈られただるまの左目に筆を入れ、頭には「熱いぜ 平成二十四年三月吉日」と記して出陣。ミーティングでは「DeNAの歴史に名前を刻めるように頑張ろうぜ!」と声を張り上げた。

 失策が失点につながる嫌な流れの中でも、大きな声を出し続けて明るい雰囲気を保つ。何度劣勢に立たされても諦めず、粘り強く戦い抜く。目指す野球を開幕戦から実践した。「開幕戦にして今季何本の指に入るかもしれない試合。すっげえ野球って楽しい。おなかいっぱいだよ」と中畑監督。見どころ満載の新球団は、昨季までと確かに違う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年3月31日のニュース