広島 二枚看板で開幕2連敗…1日の新人・野村に期待

[ 2012年3月31日 18:21 ]

セ・リーグ 広島0-9中日

(3月31日 ナゴヤD)
 広島は前田健とバリントンの二枚看板を立てて開幕2連敗。まだ始まったばかりとはいえ一方的な内容に、球場から引き揚げる選手の表情は一様に硬かった。野村監督は「捕手を含めてうまくリードしてほしかった」と悩ましげだった。

 キャンプから課題としていた打線も5安打で無得点。今季初先発で無安打に終わった丸は「外角のボール球を使われて絞りきれなかった」と悔しがった。開幕戦も2点は取ったものの七回まで一人の走者も出せず、状態は深刻だ。

 4月1日にプロ初登板する野村(明大)には、自身だけでなくチームの今季初勝利の期待が懸かる。ルーキーは「しっかりと自分の投球をするだけ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月31日のニュース