計算済み?岡田監督「金子でいって負けたら痛いけどな」

[ 2012年3月31日 06:00 ]

<ソ・オ>6回1死一、三塁、中前適時打を放つオリックス・李大浩

パ・リーグ オリックス1-3ソフトバンク

(3月30日 ヤフーD)
 オリックスの李大浩(イ・デホ)の来日初安打が適時打となった。

 0―3で迎えた6回の好機で、摂津の外角直球を大振りせずに中前打。韓国で2度の3冠王に輝いた大砲だが「力が入っても自分の打撃はできない。チーム打撃を考えた」と冷静に振り返った。得点はこの1点だけ、開幕投手のフィガロも5回3失点。敗れはしたが、岡田監督は「まあ十分やろ。こっちが(開幕を)金子でいって負けたら痛いけどな。十分な負けで、何も悪いことしてへんよ」と涼しい顔だった。

 ▼オリックス・駿太(高校出選手の入団初年度から2年連続開幕スタメンは51年ぶり)昨年と比べて落ち着いて(試合に)入れた。気持ちで負けないよう積極的にいけた。

 ▼オリックス・フィガロ(具台晟(ク・デソン)以来8年ぶりの外国人開幕投手を務め)やはり2回のホームラン。防がなければいけないところだったし、あの1球だね。修正したい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月31日のニュース