ヤクルト4年ぶり連勝発進!代打勢が勝利引き寄せる

[ 2012年3月31日 19:37 ]

巨人に2連勝し、マウンドでハイタッチをするヤクルトナイン

セ・リーグ ヤクルト6-3巨人

(3月31日 東京D)
 3―3と追い付いて迎えた7回2死満塁。ヤクルトは、代打武内の代打で起用された飯原が、4年ぶりの開幕2連勝を引き寄せる左翼線への2点二塁打。「武内の気持ちも込めた。2人で打った安打」と胸を張った。

 逆転の機運をつくったのも代打だった。5回まで沢村に1安打に抑えられていたが、6回に先頭で投手の村中に代わった雄平が、打者転向後の1軍初打席で中前打。続く田中の2ランを呼び込む反撃の一打となった。

 小川監督は「彼らがよく打ってくれた」とたたえた。昨季は選手層の薄さが終盤の失速の一因にもなった。一冬を越え、戦力は確実に底上げされている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月31日のニュース