井端2戦連続猛打賞!高木監督「これで文句を付けたら罰が当たる」

[ 2012年3月31日 18:42 ]

セ・リーグ 中日9-0広島

(3月31日 ナゴヤD)
 13安打で9得点。中日が開幕戦の前田健に続き、昨季13勝のバリントンを打ち崩した。開幕2連勝に、高木監督は「これで文句を付けたら罰が当たる」とご満悦だった。

 活発な打線の中でも際立つのが、新オーダーで6番を打つ井端だ。大島の2番起用にめどが立ったことで6番に回った井端は、3回に2点適時打を放つなど2試合連続の3安打。2番の時と同様、つなぐ役割も意識しつつ「前みたいに(球を)見るつもりはない。全部打つつもりで打席に立っている」との姿勢が奏功している。

 後を打つ平田も「すごくやりやすい」と3安打2打点の活躍。中軸の後ろが連日機能し、打線につながりが生まれている。昨季へ低迷していた打線が強固な投手陣を支えられれば、自ずと勝利は近づく。シーズンは始まったばかりだが、新たな可能性を感じさせる圧勝だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月31日のニュース