本多が逆転タイムリー オリックス「勝利の方程式」玉砕

[ 2012年3月31日 17:18 ]

7回、走者一掃の逆転二塁打を放ち、ガッツポーズするソフトバンクの本多

パ・リーグ ソフトバンク5―2オリックス

(ヤフーD)
 ソフトバンク・本多が、逆転タイムリーで勝利を呼んだ。

 1―2の7回裏2死満塁フルカウントの場面だった。「ヒットになってくれ。打ちたい、打ちたいと思った」と強い願いを込めて、オリックス2番手のミンチェの真ん中のスライダーに反応。鋭い打球は走者一掃の逆転適時二塁打となり、「変化球をしっかり捉えることができた」と笑顔を見せた。

 マリナーズに移籍した川崎に代わって今季から選手会長となり、チームを引っ張る立場となった本多。「1日1日必死にやっていきたい」と、連勝に緩めることなく、気持ちを新たにしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月31日のニュース