朝日新聞から回答文届くも…巨人「不誠実なもの」

[ 2012年3月31日 06:00 ]

 朝日新聞は30日、巨人の契約金超過問題に関する報道をめぐり同球団から送られた抗議書に対し「取材で得た詳細な内容や、複数の関係者の証言にもとづき、記事化した確かなもの」などとする回答文を送付した。

 同新聞は25日付朝刊で、巨人が04年に東京国税局から、新人契約金の会計処理を見直すよう指導を受けていたと報じた。巨人は抗議書を送り、謝罪と訂正を求めていた。回答文では「国税当局が指導したことは事実」などと主張。一方の巨人は「問題のすり替えと強弁に満ちた不誠実なもの」とのコメントを発表し、同紙の回答を非難した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月31日のニュース