ラミ、10グラム軽い新バットで「完璧」マエケン討ち

[ 2011年9月11日 06:00 ]

<巨・広>2回無死、左越えにソロ本塁打を放ち、パフォーマンスを披露するラミレス

セ・リーグ 巨人1-0広島

(9月10日 東京D)
 巨人・ラミレスが一振りで役目を果たした。先頭の2回に前田健から先制の18号ソロ。チーム唯一の得点が決勝点となり「甘く入ったスライダーにバットを合わせることができた。完璧だった」。

 速球に対応するため、契約するZETT社に8月中旬に発注した通常より10グラム軽い910グラムのバットで初アーチ。「新しいバットでいい感じで打席に入れた」。11日で東日本大震災から半年。本塁打後のパフォーマンスで日本を元気づける助っ人は「自分たちにできることは限られているが、野球を通して彼らを勇気づけたい。自分にできることは何でもする」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月11日のニュース