レンジャーズ戦連敗止めた 松井「よく逃げ切った」

[ 2011年9月11日 09:19 ]

レンジャーズ戦の3回、左翼線二塁打を放つアスレチックス・松井

アスレチックス8―7レンジャーズ

 アスレチックスの松井秀喜外野手は10日、アーリントンでのレンジャーズ戦に「3番・指名打者」で出場。5打数1安打で4試合連続安打を記録した。内容は左飛、左翼線二塁打、三邪飛、右飛、捕邪飛で打率は2割6分3厘。試合は8―7で勝った。

 松井は3回の第2打席で技ありの一打を放った。外角への速球を逆らわずに流し打って左翼線二塁打とし「うまく打てました」と納得顔で話した。

 結局この日は1安打に終わったが、チームは同点で迎えた6回に5点を奪い、反撃を受けながらもリードを守りきった。5月9日以来のレンジャーズ戦勝利で、このカードの連敗が9で止まったとあって「苦しい試合でしたが、よく逃げ切りましたね」と喜んでいた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月11日のニュース