慶大・伊藤は2四球「打つ球は間違っていない」

[ 2011年9月11日 06:00 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦第1週第1日 慶大5―2東大

(9月10日 神宮)
 ドラフト1位候補の慶大・伊藤は2打数無安打2四球。先制されるなどチーム全体で硬さが目立ったが「開幕戦ということで多少は覚悟していた。その中でも勝ち切れたことは良かった」と逆転勝ちに前向きだった。

 相手チームの警戒も強い中で「四球も選べているし、打つ球は間違っていない」と次の試合へと気持ちを切り替えていた。

 ▼東大・鈴木(6回まで3安打無失点も7、8回に5失点で逆転負け)リードは意識しなかったけど、こういう結果になったのは自分の力が足りなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月11日のニュース