松坂、ストラスバーグから刺激「相変わらず凄い」

[ 2011年9月11日 06:00 ]

 6月に右肘の腱移植手術を受け、フロリダ州フォートマイヤーズの球団施設でリハビリ中のレッドソックス・松坂が、敵地セントピーターズバーグでのレイズ戦を観戦した。

 試合前にはテリー・フランコナ監督ら首脳陣とあいさつ。患部の回復は順調だという。6日には同じ手術を受けたナショナルズのストラスバーグが、約1年ぶりにメジャー復帰しただけに「相変わらず凄い。今までのように真っすぐでガンガンというわけではないし、いろいろ考えている」と刺激を受けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月11日のニュース