岡島3連打浴び失点も、チームは乱打戦制す

[ 2010年4月28日 06:00 ]

<レッドソックス・ブルージェイズ>8回に登板して連打され、マウンドで舌を出すレッドソックス・岡島(右)

 【レッドソックス13―12ブルージェイズ】レッドソックスの岡島は13―10の8回から5番手で登板。しかし、3番リンドから3連打を浴び、3安打2失点と1死も取れずに降板した。

 これで3試合連続失点となり、防御率は7・04。2人目に対戦したウェルズの打球が左足に当たるアクシデントもあり、試合後はさえない表情でベンチ裏へと退いた。ただチームは両軍計34安打、25打点の乱打戦を制し、フランコナ監督は「力を合わせて何とか勝てた」と胸をなで下ろしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年4月28日のニュース