小久保に満塁被弾…楽天・藤原、また背信KO

[ 2010年4月28日 20:05 ]

 【楽天―ソフトバンク】楽天の藤原は三回途中で降板。信頼できる変化球がないという弱点が致命傷を招いた。

 1―0の三回。3連打で同点とされ、なお無死満塁で小久保を迎える。2球で追い込んだ後、フルカウントまでもつれて苦しくなった。直球が3球続いていたが、ボールが許されない場面では直球しか選択肢がなく、これが真ん中に入って左翼席に運ばれた。左腕は「変化球の精度を上げないと…」と力不足を嘆いた。
 これで3試合連続の背信。ただ佐藤投手コーチは「うちにはそんなに投手がいない」と2軍落ちを否定した。チームは岩隈、田中という絶対的な柱を持ちながら、深刻な駒不足に陥っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年4月28日のニュース