デントナ「人生最悪の17日間」終え打撃練習

[ 2010年4月28日 06:00 ]

打撃練習を行うヤクルトのデントナ(左)とガイエル

 ヤクルトの試合が雨天中止となり、不振の主砲・デントナは室内練習場でフリー打撃。淡口打撃コーチから約1時間にわたってマンツーマンで指導を受けた。

 16泊17日の長期遠征は14試合54打数7安打で打率・130。14戦連続の26三振などここまで39三振はリーグワーストの主砲は「人生で最悪の17日間だった。技術についていい話ができたし、調子を上げたい」と前を向いた。28日阪神戦(神宮)は開幕4連敗中の石川が先発。投打の要の奮起で借金返済を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年4月28日のニュース