落合監督「ヘタしたらゲーム中に倒れている」球審体調不良で交代 

[ 2010年4月28日 06:00 ]

<中・巨>2回途中、落合監督は森球審(左)に声をかける

 ナゴヤドームで行われた27日の中日―巨人4回戦で、審判員が試合中に交代する異例の事態があった。

 2回裏、中日の攻撃を前に森健次郎球審(46)が退いて、名幸一明二塁塁審(41)が球審に回り、控えの橘高淳審判員(47)が二塁塁審に入った。直前の2回表、巨人の攻撃で先頭の藤井が遊ゴロに倒れた際、森球審のもとへ歩み寄り交代を勧めた中日・落合監督は「あれはヘタしたらゲーム中に倒れている。それを見てやるのもオレらの仕事じゃないか。あそこで倒れて万が一、何かがあったら中止になっているぞ。誰かが言ってやれば代わりやすいんじゃないの」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年4月28日のニュース