ドラ5の増井 カーブ磨いてプロ初勝利!

[ 2010年4月28日 06:00 ]

<日・オ>お立ち台でボールにキスをする増井

 【日本ハム1-0オリックス】日本ハム・ドラフト5位右腕の増井が、7回を1安打無失点でプロ初勝利を挙げた。

 3度目の先発での白星に「そろそろ勝ちたい気持ちがあった。自分が勝つことでチームが勢いづけばと思っていた」。静岡から駒大、東芝を経て25歳でプロ入りした増井は、初先発となった9日のソフトバンク戦で7回途中4失点で降板。直球は最速151キロも「球速以上のスピードを打者が感じていなかった。そこが、杉内さんと自分の違い」。直球を生かすため、腕を思い切り振ることでカーブを磨くことに専念した。この日は直球を軸にして要所でカーブを効果的に使った新人に梨田監督は「いい投球で代え時が難しかった」とほおが緩みっぱなしだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2010年4月28日のニュース