失策野選失策…ミス続きでヤクルト3連敗

[ 2008年7月5日 06:00 ]

 【ヤクルト3―5広島】ヤクルトの青木が初回、ルイスから3年連続2ケタ本塁打となる10号2ラン。高めの“真っスラ”を完ぺきにとらえ「しっかり叩けたし、バットを振り抜けた」と自画自賛した。しかし交流戦明け6戦5発の大暴れも終わってみれば空砲に。初回はウィルソンの失策から4失点。4回は石川の野選と宮本の三塁転向後初失策などミスから失点を重ねて3連敗。高田監督は「最近はミスが多いし痛いところで出ているね」と嘆くばかりだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース