イチロー 大リーグ通算1700安打

[ 2008年7月5日 06:00 ]

タイガース戦の6回、二塁内野安打とするマリナーズのイチロー。大リーグ通算1700安打を記録

 【マリナーズ4―8タイガース】マリナーズのイチローが3日(日本時間4日)のタイガース戦で今季初の2試合連続猛打賞となる3安打を放ち、大リーグ通算1700安打を記録した。初回には先制のホームを踏み日米通算1500得点もマーク。チームは4―8で敗れた。

 安打製造機にスイッチが入った。初回にバーランダーの直球を右前に運ぶと4回には外角チェンジアップを右前打。6回にも二塁内野安打を放ち、区切りの数字に到達した。1203試合での1700安打はウェード・ボッグス(レッドソックスなど)の1268試合を上回る1956年以降の最速記録。「(1700安打は)知ってたよ。今年と来年で2000に到達したいと思っている」とクールな口調で話した。1500得点には「凄いのかどうか分かりづらい」と淡泊だった。
 手応えに結果が伴ってきた。最近5試合は22打数13安打(打率・591)。「(調子について)僕は言わない。見ている人の楽しみを奪うことになるからね。見ている人で判断したらいい」とかわしたが、前日3割を超えた打率は・305に上昇。目標とする球宴前の通算3000安打へも残り10試合で22本と視界にとらえた。守備でも5回に微妙な判定でセーフとなったが、右翼に戻ってから初のレーザービームを披露。チームは最下位でもイチローはファンを魅了し続ける。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース