黒田が投球練習「多少張りがある」

[ 2008年7月5日 10:13 ]

 ドジャースの黒田が、次回先発予定の7日(日本時間8日)のブレーブス戦に向け、ブルペンで36球。コースと変化球の切れを確認しながら投げた。

 2日のアストロズ戦で右肩腱炎から復帰し、7回無失点の快投。その反動が心配されたが、「多少張りがある程度。1日では判断できないが、いけるんじゃないかな」と明るい表情で話した。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース