横浜わずか4安打…力の差見せつけられた

[ 2008年7月5日 06:00 ]

 【横浜0―7阪神】横浜は首位との力の差を見せつけられた。投手陣は16被安打で7失点。打線も下柳にてこずり、今季最少タイの4安打に終わった。3月30日の阪神戦(京セラドーム)以来、今季2度目の零敗に大矢監督も「ずいぶんゴロを打たされた。下柳ペース?そんな感じだった」。2回に連打で無死一、二塁としたが、右太腿裏痛からスタメン復帰の石井琢が送りバントを失敗。唯一の好機を逃し、それ以後は沈黙した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース