豊田氏と野村監督が始球式

[ 2008年7月5日 19:54 ]

プロ野球の西武―ロッテ10回戦で、始球式に臨む西鉄OBの豊田泰光さん

 場内を西鉄一色に染める「ライオンズ・クラシック」の一環で、企画のエグゼクティブプロデューサー、元西鉄の豊田泰光氏と、西鉄のライバルだった南海の元名選手、楽天・野村監督による始球式が行われた。

 野村監督は「(豊田氏とは)球宴でもキャッチボールしたことがなかった」と試合前から楽しみにしていた。西鉄の背番号7のユニホームを着た豊田氏が投げ、野村監督がミットで受ける。スタンドは大歓声に包まれた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月5日のニュース